足の臭いの原因と対策

●足の臭いの原因

足の悪臭の主な出所は、足の角質と汗が原因です。また、靴の使い方や保管方法によっても、悪臭を発生させる原因となってきます。

1:足の角質について

足の角質は、お風呂に入った時など、皮膚がうるけているときに軽石やヘチマでこまめにこすり落とすようにしましょう。こすればこするほど大量の垢が出てきますが、取り過ぎないようにしましょう。炎症や細菌が繁殖する原因になり、臭いがきつくなることに繋がってしまう危険性があります。

2:足の汗について

靴下の素材は化学繊維ではなく、汗を吸いやすい綿などの自然素材が良いでしょう。綿は、通気性や吸収性が良く靴下や肌着の素材として適しています。

3、靴の悪臭とその対策

外出先から帰って靴をすぐにゲタ箱に閉じ込めてしまうと、2時間くらいで最近が急増して悪臭を放ちます。脱いだ靴はまず通気の良いところで2〜3時間ほど陰干しするようにしましょう。また、数種類の靴を交互に履いていく方が、靴が長持ちするだけではなく、悪臭軽減のためにも効果的です。

消臭(楽臭)生活を超えた臭麗MAX

口臭・体臭・加齢臭を元から消臭「臭麗MAX」