口臭の原因と対策

口臭の原因には、口の中の汚れの他にも、虫歯や他の器官の病気であることが考えられます。まずは、口の中の掃除(歯磨き)を徹底的にし、それでも口臭が気になるようであれば、病気の可能性も考えてみる必要があります。まずは、考えられる病気、そして口腔のケアや下のケアの仕方をみてみましょう。

●口臭にでる病気とは

口腔のケアをしっかりしているのにもかかわらず口臭がひどいのであると、口のどこかに異常があるか(虫歯・歯周病など)、他の器官の病気である可能性があります。考えられる病気として、気管支、肺、胃腸の病気、糖尿病、肝不全や尿毒症が挙げられます。一度病院で診察を受けてみることをおすすめします。

●口臭のケアについて

口臭がする原因の大部分は、口の中の食べかすが原因となります。食後の歯磨きやうがいなどの口腔ケアをすることによって口臭の大半を防ぐことができます。

食後の歯磨きは、食べたらすぐというのが原則です。口の中は温度が高いので、食後1時間か2時間で食べカスが発酵していきます。ですから、毎食後すぐの歯磨きが必要ですが、もしできないのであれば、せめてうがいをして口の中をすすぐようにすると良いでしょう。

●舌のケアも忘れずにしよう!

風邪の時や、胃腸の状態が悪いと、舌にまるで苔が生えたように白くなることがあります。この白いものは舌苔(ゼッタイ)と呼ばれます。また、カジンダというカビの一種が繁殖することもあり、このどちらも口臭の原因になります。

この舌苔は、放っておくとこれも口臭の一因となります。自分の舌を鏡で見て、舌苔があったら、軽く舌を歯ブラシでブラッシングして舌苔をとりましょう。舌苔をとるための専用の器具が薬局などで販売されていますが、小さいスプーンの丸い縁でそっとこすりとるだけでも充分な効果があります。

●お茶で口臭対策ができる!?

緑茶・ウーロン茶・紅茶3つのお茶には共通して、カテキン・カフェイン・各種アミノ酸が含まれており、口臭や体臭を抑えてくれる働きがあるのはカテキンやフラボノイドです。これらは赤ワインなどで有名なポリフェノールの一種です。

カテキンは、臭い物質が体内で作られる道筋をブロックしてくれますし、抗菌作用が強いので、口の中の雑菌を殺してくれます。そのため、お茶は口臭対策にも効果が期待できます。また、虫歯や歯周病で口臭が強い場合は、ウーロン茶の成分が見芝の菌を特別に抑えてくれます。

消臭(楽臭)生活を超えた臭麗MAX

口臭・体臭・加齢臭を元から消臭「臭麗MAX」