体臭発生の原因と対策

血液の巡りが悪かったり、食事のバランスが崩れたりすると、体内にアンモニアが増えて臭いのきつい汗が出やすくなります。体臭の原因は汗ではありますが、汗にも良い汗、悪い汗があり、悪い汗をかいた時に体臭がきつくなってしまいます。良い悪いを左右するのは、体内の条件によってです。ですから、体臭の原因は体内環境を正常化させる必要があるということがわかると思います。

●良い汗、悪い汗

汗にも良い汗と悪い汗があります。良い汗は、さらっとして濃度が薄く、肌の上ですぐに乾くので臭いをあまり発しません。体温を調節してくれる働きがあります。

一方、悪い汗は、ベタッとして重炭酸イオンを含むので臭いがきつくなります。年をとって汗腺の働きが鈍ると、悪い汗が多くなり、少しの汗でも臭いがきつくなります。

●汗腺の働きを鈍らせないために

汗腺を使わないと汗腺の働きは鈍ります。冷房の効いた部屋にずっといて汗腺を使わずにいると、汗腺の「廃用症候群」になりやくくなります。夏場も、なるべく冷房に頼らず、外気との差を5℃以内くらいに留めるようにしましょう。

●不快な汗「盗汗」について

寝ている間に人間は、コップ1杯くらいの汗をかくと言われています。熟睡した時の汗はサラサラして臭いも少ないのですが、頭から背中にかけてねばついた汗をかくことがあります。この汗を「盗汗(とうかん)」と呼び、臭いが強く、不快な汗となります。盗汗は、精神的な不安や虚弱体質、あるいは結核などの慢性疾患に見られることがあります。虚弱体質が原因であるなら、「補中益気湯(ほちゅうえつきとう)」などの漢方薬で汗が抑えられることもあります。

●良い汗をかくには

汗を自然にかくには、入浴をすることが一番ですが、汗が出にくい場合は、一つまみの塩を浴槽にいれると汗が出やすくなります。また、入浴後の水分補給には、ショウガ湯やシイタケ汁(生でも乾燥でもよいですが、シイタケを煮詰めてひと塩入れたお湯)を飲むと、身体を温め、血行を改善してくれるため、良い汗を出すのに役立ちます。

●醸造酢・黒酢の湯船で体臭軽減!

血液のめぐりが悪かったり、食事のバランスが崩れたりすると、体内にアンモニアが増えて臭いのきつい汗が出やすくなります。そんな時は、入浴の直前に醸造酢か黒酢を湯船に少量入れて入浴すると体臭軽減に効果があります。酢を浴槽に入れる理由として、酢に含まれるクエン酸には殺菌作用があり、また、肌を弱酸性に保つため雑菌の繁殖を抑え体臭を予防する効果があるからです。

醸造酢ならお猪口に2〜3杯、黒酢なら1杯で充分です。わずかな量ですので酢独特のすっぱいにおいはしません。爽やかな香りがお風呂場に漂い、リラックス効果も期待できます。

また、お湯で温まって開いた毛穴から吸収され、汗腺から出ようとするアンモニアも抑えます。クエン酸がお湯から汗腺に吸収されて血行もよくなり、アンモニアの乳酸の生成を抑えるので、アンモニア臭を解消することができます。酢のにおいは最後に軽くシャワーを浴びれば消えるので安心です

消臭(楽臭)生活を超えた臭麗MAX

口臭・体臭・加齢臭を元から消臭「臭麗MAX」